散歩ではなくウォーキングの毎日

運動系で健康に良いこととして、いろいろ試しました。スイミング、テニス、ランニング、ジム通い、どれもそれなりに楽しいのですが、長続きしません。

しかし一つだけ一年続いていることがあります。それがウォーキングです。最初は週に三日ほど、一回一時間ほど歩いていました。そのうち、自転車通勤をやめて、歩いて出勤するようになりました。

そうすると、帰りも歩いて帰宅することに。片道で1時間ですから、往復で2時間は毎日最低歩くことになります。よほどの大雨、嵐でないかぎり、歩きます。一応、散歩ではなく、ウォーキングなので、できるだけ早歩きをします。早歩きしたほうが有酸素運動になって健康にいいということですね。

ただ歩くだけでなく、毎日のデータを記録しています。スマートフォンのアプリを使って、歩く距離、歩数、所要時間、消費カロリーなどを計測します。便利なものです。自分の体調管理に役立ちますし、ウォーキングを継続できていることで、精神的にポジティヴになれたと思っています。

仕事にも人との付き合いにも相乗効果で、いい方向に派生しています。やっぱり精神と身体は繋がっていて、身体の健康をまず第一に考えるのが、精神にもいい影響を及ぼすと信じています。ウォーキング以前の私は怠惰な面が先行して、肥満気味で、すぐにいらいらして怒りっぽかったのです。今では体重もかなり減り、ダイエットに成功し、スリムになった体型を無理なく維持しています。