トリプトファンはどうだろうか?

メラトニンを飲み始めてしばらくたつ。私には合っていたようでけっこう効果が感じられた。

1mgの錠剤を買ったのだが、1錠だけだと効きが悪くて今は4錠飲むようにしている。メラトニンは10mgくらいまでなら飲んでも体に問題はないそうなので、まあ許容範囲だろうと思っている。

ただ、まだ眠りの問題が完全に解消されたわけではないので、これからもいろいろ対策をしていくつもり。最終的にはメラトニンにも頼らないで眠れるようになれればいいなと思う。まあ睡眠薬を飲むよりはずっと安全なので、このまま続けてもいいという気もするが、できるだけナチュラルな対策をしていきたい。

今気になっているのがトリプトファン。アミノ酸の一種で、体内に吸収されたあとでメラトニンに変化する。正確には、トリプトファン→5HTP→セロトニン→メラトニンというように変わる。

メラトニンの効果だけを期待するなら、メラトニンの錠剤で充分なのだが、今気になっているのは、そもそもなぜ寝つけないのか?ということ。

私の場合、確実にストレスが関係している。

そこで目をつけたのがトリプトファンの代謝物であるセロトニン。トリプトファンサプリメントを使い続けた結果というサイトによると、セロトニンは精神的な落ち込みやイライラを抑える効果があるそうだ。私は落ち込むことは少ないが、イライラすることは頻繁にある。というか毎日。

もしかしたら私はセロトニン不足ってやつなのかもしれない。今のところメラトニンの錠剤が気に入っているのでトリプトファンに手を出すつもりはないが、もう少しセロトニンについて調べてみて、自分にとって必要そうであれば使ってみようと思っている。