何時から何時まで眠るのがいいのか

睡眠にはコアタイムというものがあるらしい。

これは「この時間に眠っているのが良い」という時間帯で、午前0時から6時までの間とされている。

0時から朝7時まで7時間眠るのと、4時から11時まで眠るのには大きな違いがあって、後者は眠りの深さが減るとのこと。正直、科学的な証拠(データ)は見つけられなかったが、睡眠関係の書籍でも述べられているので、ある程度はたしかな情報なのだろうと思う。

私自身は、だいたい1時にベッドに入る⇒そのあと1~2時間は眠れない⇒2~3時に寝つく⇒8時起床(休日は10時~昼過ぎ起床)という感じなので、まあまあコアタイムに入っていると言える。ちなみに8時起床は世間的には遅い方だと思うが、それは自宅と職場が近いから。これは自分にとってはかなりありがたい。もし通勤に時間がかかる状況だったら、私の睡眠は崩壊すると思う。。。

できるだけ眠りにつく時間を午前0時に固定することが大事だそうだ。でもそうすると、22時にはベッドに入らないといけなくなる。帰宅時間が平均20~21時なので、22時に就寝準備を終えるのは多分ムリだ。まあこれも、スッと寝つけるようになれば解決する問題なのだが。

ひとまず、眠りに入る時間と起きる時間はある程度固定されているから、いいとしよう。就寝時刻と起床時刻を固定すると、成長ホルモンなどの分泌リズムが整うらしい。成長ホルモンは疲労回復に役だつホルモンで、分泌が少ないと朝になっても疲れが取れない原因になる。

「何時から何時に寝ても大して変わらない」というコアタイム否定論もあるようで、そのあたりはどっちが正しいのかよく分からない。ひとまず、コアタイムを意識しておいた方が無難だろう。

コアタイムというのが本当の話だとしたら、夜勤で働いている人は相当しんどいのではないだろうか。私は夜勤の経験がまったくないので分からないが、眠っても疲れがとれない + 眠る時間が不安定なので寝つくのが困難 というダブルパンチになりそうな気がする。