メラトニンはどうだろうか?

寝ている間に分泌されるホルモンとして有名なのは成長ホルモンだが、それ以外のホルモンも大量に分泌される。その中でもメラトニンというホルモンは、寝つきに関わる物質ということなので、調べてみた。

・メラトニンが分泌されると人は眠くなる。
・メラトニンには体温を下げる働きがある
・呼吸や血圧を安定にしたり、副交感神経を優位にしたりする働きもある

このメラトニンというホルモンは、自然と分泌されるもので、夜9時~11時くらいに分泌の量が増えるそうだ。しかし、明るいところに居るだけで分泌が妨げられ、また加齢によっても分泌が減るらしい。20代を100とすると、30代で50、40代で25というように、半分ずつ減っていく。私は40代だから、メラトニンの量は20代のときの4分の1になっているというわけだ。

ストレスのせいで眠れないとばかり思っていたが、メラトニンも関係しているのかもしれない。

過剰なストレス+メラトニン不足 というのが私の不眠症の原因と考えて良さそうだ。

メラトニンを増やす方法はないのか?と思って調べてみたが、使えそうなものはなかった。寝る前にテレビを見ない・パソコンの画面を見ない、などが対策として挙げられていたが、私にとって寝る前は読書の時間だ。メラトニンの分泌には影響はないと思う。そもそも年齢のせいでメラトニンの量が少なくなっているのだろうから、これはもうしょうがないのかもしれない。

でも何もしないというのは、今の私には選択肢としてありえない(それくらい寝つけないのが深刻)。なので思い切ってメラトニンの錠剤を買うことにした。一か月あたり1000円もしないし、ひとまず試すにはうってつけと思ったので。

まあ、素人判断なのでメラトニンが不足しているのかどうか、本当のところは分からない。でも、何もせずにいるよりは間違っててもいろいろやってみる!と決めたので、あまり考え込まずに行動しようと思う。