ロングスリーパーとショートスリーパー

相変わらず寝つきの悪さに悩まされているのですが、
睡眠に関していろいろ調べていたら、ロングスリーパーとショートスリーパーという言葉を見つけました。

1日の理想の睡眠時間は、8時間といわれていますが、睡眠時間が少ない人をショートスリーパー(短眠者)といい、逆に多い人をロングスリーパー(長眠者)と呼ぶそうです。
ショートスリーパーだと6時間未満、ロングスリーパーだと9時間以上、眠るのだとか。

たぶんショートスリーパーの人は何も問題ないのでしょうが、ロングスリーパーの人は悩みを抱えていることが多いようです。

「なかなか寝つけない」「いくら寝ても疲れている」「すぐに目が覚めてしまう」など、
不眠の悩みはつきませんが、「睡眠時間を多くとらないといけない」という悩みもあるということですね。

睡眠時間には個人差があり、これは遺伝によって決定づけられると言われています。なので、ロングスリーパー体質を根本的に改善することは多分できないのではないでしょうか。

ただ、ロングスリーパーから脱却する方法というサイトによると、努力(?)次第でロングスリーパー体質を改善できるかもしれないとのこと。
どこまで効果があるのか分かりませんが、いろいろ試してみるのはありなのかもしれません。

ちなみに、ショートスリーパーとして有名なのはナポレオンやエジソンです。
ナポレオンは3時間、エジソンは4時間しか眠らなかったといわれています。

逆にロングスリーパーとして有名なのはアインシュタインで、なんと1日10時間以上も眠っていたそうです。

しかし、ショートスリーパーもロングスリーパーも、大脳が眠りにつくノンレム睡眠の長さには違いがなく、ショートスリーパーの場合はレム睡眠の時間が短いのだそうです。

このことを言いかえれば、睡眠で一番大事なのは睡眠の質を高め、短い時間でもしっかり、ノンレム睡眠を確保することだと言えそうです。