ケールの青汁&バナナ入りナイトミルクはちみつ添え

なかなか寝つけず、眠っても途中で目が覚めてしまうという不眠の悩みを抱え、不眠に効くという食べ物も、あれこれ試してきました。

最近、私が頑張って、飲むようにしているのは、「ケールの青汁&バナナ入りナイトミルク はちみつ添え」です。

南フランスを原産地とするケールは、キャベツの原種だそうで、“野菜の王様”といわれるほど、栄養素が高い野菜なのだそうです。
ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍、メラトニンにいたっては、バナナの16倍も含まれているのだとか!

また、「ナイトミルク」とは、乳牛も夜になると多くメラトニンを生成するそうで、夜間のリラックスした状態で搾ったミルクのことで、普通のミルクの何倍も、メラトニンが含まれているのだそうです。

さらに、バナナは睡眠に効果的という、トリプトファンが多く含まれているそうなので、青汁と一緒に入れて、ミキサーにかけています。

昔から、「寝る前にホットミルクを飲む」とよいといわれているので、ミキサーにかけたものをレンジで人肌に温めれば、できあがりです!

最初のうちは、ケールの青汁が飲みにくかったので、はちみつを入れていたのですが、調べてみると、糖分はトリプトファンが吸収されるのを助けるそうなので、牛乳やバナナにはちみつを混ぜると、より効果的だそうです。