時差ボケ克服法!

海外旅行は楽しいものですが、時差ボケに苦しむという方も多いのではないでしょうか?

これはジェット旅客機などで、時差のある場所まで移動すると、自分の体内時計と現地時間とにズレが生じ、不眠に悩まされるというわけです。

この時差ボケ、日本からアメリカやハワイなど東に向かうフライトの方が、ヨーロッパなど西に向かうフライトより、症状が強く出るといわれています。
これは、体内時計が東に向かう時差の方が、調整しにくいためといわれています。

こういった時差に体内時計をあわせるべく、国際線の飛行機の中では、現地時間にあわせて食事が出てきますので、なるべくその時間にあわせて食事をとるようにしましょう。

人間は、食べたら眠くなるようにできているもの…
機内では出てきた食事をきちんととり、現地の時間にあわせて眠るようにします。

まわりの騒音や明るさが気になって、思うように眠れない可能性もあるので、事前にアイマスクや耳栓を用意しておくとよいでしょう。

そして、現地に到着したら、眠くても仮眠をとる程度にし、なるべく現地時間にあわせるようにします。

人は太陽の光を浴びことによって、体内時計の時差が修正されるようにできているので、意識的に、朝の太陽の光を浴びるようにしましょう!

また、どうしても眠りたい時間に眠れない!というときには、メラトニンを使うのもひとつの手段です。

メラトニンは人間の体内で自然に分泌されるホルモンですが、錠剤の形で摂取することもできます。睡眠ホルモンとも呼ばれるくらい、メラトニンは睡眠と深いかかわりのある物質です。

メラトニンを摂取すると、1時間くらいで自然な眠気がおとずれるそうです。
(体質にもよります)

メラトニンは日本の薬局では売っていませんが、通販で海外から取り寄せることが可能です。気になる方は試してみるのもいいかもしれませんね。