いかにして第一印象を良くするか

いかにして第一印象を良くするか、ということも、営業戦略の大事な要素です。

第一印象はコンタクトしてからの数秒で決まる、と言われています。このことからも、事前の準備が大切だということがわかると思います。

まず最初のステップとして、どのような印象を持って欲しいのかを明確にすることから始めましょう。信頼感、明るさなどが考えられますが、扱うサービスによっては、落ち着いた印象が望まれるケースもあります。顧客の立場にどれだけ立って考えられるのかが、第一印象においても重要ということです。

次に、自分の印象はどう受け止められる傾向にあるのかを分析します。自分が想像している印象と、実際の印象との間に、大きなギャップがある人がほとんどです。会社の同僚や親しい友人に自分の印象を尋ねるのも一つの手ですが、セルフチェックの方法もありますので、実践してみると良いと思います。

具体的には、顧客が目の前にいると想像しながら一人でプレゼンし、その様子をビデオカメラで撮影する、という方法です。話すスピードや声の調子もそうですが、表情にも注意してセルフチェックすると効果的です。

ここまでする必要があるのか?と思われる方もいると思います。

必要です。成績の良い営業マンは、他人のやりたがらないことをやっているから、成績が良いのです。

扱うサービス・商品の種類によって何通りものプレゼンパターンを持っている人もいるくらいですから。