カイロプラクティックと整体

最近気になっているのがカイロプラクティック。

カイロプラクティックは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立され、WHOによって認可された代替医療、民間療法の一つです。「米国式整体」とも呼ばれています。

カイロプラクティックの元になる考えは「脊椎のゆがみが神経を圧迫し、これが様々な病気の原因になっている」です。

脊椎のゆがみを矯正して、自然治癒力を回復させ、病気を治そうとする療法です。手技によって脊椎のゆがみを矯正し、神経生理機能を回復する方法。

ひと言で言えば、脊椎調整療法。人の体は、無理をすると、どこかしらゆがみが生じて、筋肉や骨、神経系に何らかの異常をきたします。

そこで、投薬や外科治療をなるべく用いないで、自然治癒力を取り戻させようとするのがカイロプラクティックです。効き目があるとされる範囲は施術者(カイロプラクター)によって異なりますが、頭痛・肩こり・腰痛・冷え性・四十肩等の症状を抱えた患者さんが多いです。

整体との違いですが、整体は日本で生まれた手技療法で、カイロプラクティックはアメリカで生まれた手技療法です。手技療法とは殆ど道具を使わずに手で触れて施す療法です。

カイロプラクティックは西洋医学の次に科学的・客観的な治療法です。整体は経験値で効果があるとされる歴史の集積で、カイロプラクティックは科学的な裏付けによって成り立つ療法という違いになります。

アメリカなどのカイロプラクティック先進国では、施術者の資格は国家資格制度であり、それを得るには大学に入学して、医師とほぼ同レベルの専門教育を受ける必要があります。一方、日本ではそこまでの法整備は成されていませんが、施術者のレヴェルは向上しているようです。