永遠のロングセラーオロナインH軟膏

家庭の万能薬は色々ありますが、その一つに「オロナインH軟膏」があります。

「オロナインを一度も使った事が無いって人は老若男女を問わず居ないでしょう」と言いきれる位、この商品は日本人の生活に溶け込んだ薬です。

オロナインH軟膏は塗り薬です。
効能は《ニキビ、吹き出物、はたけ、やけど、ひび、しもやけ、あかぎれ、傷、水虫、いんきん、しらくも》と多岐に渡ります。
成分には「クロルヘキシジングルコン酸塩液」とあります。どんな成分なのでしょう?

オロナインは大塚製薬の商品で公式サイトがあります。
そこで「オロナインヒストリー」なるコーナーがあります。

大塚製薬は1921年に創立。
当初は「にがり」をで使用した製薬原料を作っていました。そして終戦後、自社でも製品を作ろうと注射液、蒸留水を販売します。
しかしそれだけでは経営難に陥るのは明らかで、1947年に経営を引き継いだ大塚正士氏は製品開発に頭を悩ませていました。
そんな時、三井物産からある話が舞い込みました。
アメリカの「オロナイトケミカル社」が新しい殺菌消毒剤を開発したと言うのです。
思考錯誤の末、当時メンタムやペニシリン軟膏と言う家庭薬がヒットしていた事を受け、1953年「オロナイトケミカル社」の殺菌消毒剤を使用した「オロナイン軟膏」を発売しました。

オロナインのネーミングは「オロナイトケミカル社」から取られたそうです。
まさかこれ程までのヒット商品になるとは思わなかったでしょう。

オロナインは当初の「オロナイン軟膏」から「オロナインD軟膏」1972年に「オロナインH軟膏」に変わっています。
オロナインH軟膏の「H」は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」の「ヘキシジン」の頭文字だそうです。はじめは別の消毒液が使用されていた様です。

オロナインの様な消毒薬入り軟膏は在るようで余り無いと思います。
ちなみに「消毒薬入り軟膏」で検索すると似たような用途で一つ見つかりました。
「シプラジン軟膏」有効成分はポビドンヨードで、日本では「イソジン」として殺菌消毒剤およびうがい薬として広く普及しています。
この商品はインドの物です。

日本では「オロナインH軟膏」に変わる商品がないのです。
それだけでも強みですが大塚製薬ではお客様が商品に愛着を持ち続けられるように、商品名を変えませんでした。そしてデザインも変えずにきました。
これって私にはとても評価できる点なんです。
メーカーの商品への自信を感じますから、購入者はさらに安心して買うことができます。

『オロナイン公式サイト』には是非遊びに行かれてください。
そのサイトの中のに素敵な言葉を見つけたのでご紹介いたします。

「そして、おばあちゃんからお母さんへ、お母さんから子供たちへ、家族のヒストリーがオロナインのヒストリーを作り続けています」

くるくる回るお馴染みのオロナインがお出迎えしてくれます。

夏の快適寝具で快眠!

今年の夏は猛暑を覚悟しているのですが、夜中のエアコンは体の体調を崩しますし、電気代も馬鹿になりません。

先日少し思いきって夏の快適寝具を各種購入しました。
大げさな書き方ですが、いつもは近所の衣料店で訳あり、売れ残り品の夏寝具を購入していました。最近の夏シーツはサラサラ使用感で悪くはないです。
でも今年はさらなる効果を目指して、ひんやり素材に挑戦しました。

いつもの楽天市場に行くと、在りました!『クール寝具特集』
「ひんやり冷感寝具で、寝苦しい夜を快適に」そうそう上手いです。期待できそう。

今回は敷きパット、タオルケット、枕カバーの3点の冷感寝具を探しました。

タオルケットは「ひんやりタオルケット」を二枚購入。
表がタオル地、裏が冷感素材というもので体にはタオル地を当てて、首、手、足が冷たい部分に触れる感じでなかなかのアイデア商品です。

そして枕カバーは接触冷感新素材を使用したお値段そこそこの物を3枚購入しました。最初は冷たく熱こもりが無い感じで良いです。

さて問題は敷きパット。私の注目アイテムはこれです。
「アウトラストの敷きパット」
アウトラスト商品はNASAが温度変化の激しい宇宙環境の為に研究し開発した温度調節素材で常に人間が一番快適に過ごせる肌温度31~33℃を保ちます。

オールシーズン使えるのも嬉しいし、どんな使用感なのか知りたいですから…購入しました。

凄く厚みのあるパットで肌離れがよくサラッとしています。

常に31℃キープなので今は梅雨だからまだ言えませんが、猛暑が楽しみです。

しかし思いの他な商品の多さに驚かされました。
電車もクールビズじゃなきゃダメな車両あるし、時代はECCなんです。

でもサラサラな綿や麻は永遠の夏アイテム!必要です。

さまざまな解熱鎮静成分

解熱鎮痛成分として一番ポピュラーなのはアスピリンですが、世の中にはそれ以外にもさまざまな鎮痛成分が存在します。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェン、ノーシン(散剤)やセデス・ハイ、タイレノールAなどの医薬品の主成分です。

アスピリンと同じく、プロスタグランジンの生成を阻害すると考えられています。しかし、その詳しいメカニズムは今のところ明らかになっていません。

脳などの中枢器官への作用が強く、アスピリンに匹敵する解熱・鎮痛作用を持っています。その反面、末梢での働きは強くありません。

アスピリンと違って、アセトアミノフェンは胃腸障害を引き起こす可能性が低いのが特徴です。また、胃潰瘍など胃に問題を抱えている場合でも服用することができます。
(※ 事前に医師の相談した方がベターです)

アセトアミノフェンを大量に服用すると、肝臓や腎臓に障害が起こる危険性があります。特に、もともと肝障害を抱えている場合は、命に関わることがありますので注意が必要です。

また、アルコールを頻繁に飲む人も、アセトアミノフェンを主成分とした薬を飲むのは避けた方が無難です。

イブプロフェン

イブプロフェンはノーシンピュア、イブ、イブA錠、フェリアなどの主成分です。

プロスタグランジンの生成を阻害し、痛みを鎮める成分です。脳やせきずいなどの中枢だけではなく、体のすみずみの炎症を抑える作用があります。

胃腸への影響は、アスピリンに比べて強くありません。ただし、アスピリンと同様にアスピリン喘息やアナフィラキシーショックなどが起こる可能性はあります。過度に服用するのは避けましょう。

エテンザミド

エテンザミドはノーシンホワイト、セレナーデ、新セデス錠、ナロン錠の主成分です。
アスピリンに比べて胃腸への負担が少ないことが知られています。

エテンザミドとアセトアミノフェン、カフェインをミックスしたものを「ACE処方」といいます。鎮痛作用が高い割に、胃腸への影響が少ないのが特徴です。

アリルイソプロピルアセチル尿素

アリルイソプロピルアセチル尿素は、メインの鎮痛成分ではなく、他の鎮静成分の作用をアップさせる成分です。
ノーシンピュア、イブA錠、セレナーデ、セデス・ハイなどの薬に含まれています。

副作用ですが、ブロムワレリル尿素と同じく、催眠作用があるため眠くなります。車の運転をする前に服用するのは絶対に避けるようにしましょう。

イソプロピルアンチピリン

プロスタグランジンが作られるのを抑える成分です。末梢よりも中枢に強く作用します。

過度に摂取すると、ぜんそく、アナフィラキシーショックなどが起こる可能性があります。
(アスピリンと似ています)

アスピリンの働きと副作用

アスピリンは正式名称をアセチルサリチル酸といい、解熱鎮静成分としては一番有名です。頭痛薬といえばアスピリンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

アスピリンは、次の3つの作用を合わせ持っています。

  • 抗炎症作用
  • 解熱作用
  • 鎮痛作用

アスピリンは、発痛物質の一つプロスタグランジンの生成過程を阻害する働きがあるので、頭痛や生理痛に効果を発揮すると言われています。

アスピリンの良いところは、即効性があることと、痛みを抑える働きが強いことです。

アスピリンの服用で気をつけたいのが、飲むタイミングです。空腹時に飲むことはできるだけ避けるようにしましょう。なぜなら、アスピリンは胃の粘膜を傷つけることがあるからです。

副作用について

以下の副作用が発生する可能性があるとされています。

1.アスピリン喘息

プロスタグランジンの生成が抑えられたことによって「ロイコトリエン」という物質が過剰になり、それが気管支に悪影響を与えて発生する喘息です。

アスピリン喘息という名称が付いていますが、実際はアスピリン以外の解熱鎮静剤を使用した場合でも起こる可能性があります。
(プロスタグランジンの生成を抑える成分すべてで起こりうる)

2.発疹

アスピリンによるアレルギー反応のひとつです。発疹が出たら、すぐにアスピリンの使用を中止しましょう。また、アスピリンによる発疹は、後述の「皮膚粘膜眼症候群」の可能性もあります。

3.皮膚粘膜眼症候群

スティーブンス・ジョンソン症候群とも呼ばれている症状です。やけどのような水ぶくれが、口や目の粘膜に生じます。この副作用は生命にかかわる危険な症状です。もしこの症状が現れたら、薬を飲むのを中止するのはもちろんのこと、かならず病院に行くようにしましょう。

総合感冒薬についての覚書

一般的に風邪薬と呼ばれているのが、総合感冒薬です。軽度の風邪であれば、病院に行かずに総合感冒薬を飲んで様子を見るという人も多いかと思います。

総合感冒薬の役割は、体内のウィルスを退治することではありません。あくまでも起こっている症状を和らげることが目的です。一言で言えば「対処療法」です。風邪の原因そのものを取り除くわけではないので、その点は覚えておいた方がいいかもしれません。

総合感冒薬に含まれる成分

総合感冒薬には、主に以下の薬が配合されています。

  • 解熱鎮静薬
  • 鎮咳去痰薬
  • 鼻炎薬
  • 消炎酵素剤
  • 抗プラスミン剤
  • 中枢神経興奮薬

非常に多岐にわたる薬が含まれているのですが、これらが総合的に含まれていることによって、風邪の症状が全体的に和らぐのです。

市販の総合感冒薬がどれも同じというわけではありません。特定の症状によく効くように作られているものもあります。たとえば抗炎症作用のある成分が多く含まれていれば、のどの腫れや痛みに有効になります。

薬の選び方

総合感冒薬は、市販されている種類が多いため、どれを使ったらいいのか良く分からないという人も多いと思います。

含まれている成分が同じであれば、効き目もほとんど同じなので、成分をしっかり見て選ぶと良いのではないでしょうか。

ただし、まれに卵白から抽出した成分を配合している薬もあるようです。アレルギーのある人は、その点にも気を付けた方がいいでしょう。