アルコール依存症~依存には依存が効果的?~

3年ほど前になるかと思いますが、お腹が痛くて病院で検査を受けた時にエコーで「脂肪肝」と言われました。
それほど肥満でもないので思い当たる節と言えば「アルコール」でしょうか?

9年前に長男の妊娠を期に大好きだったお酒も余り飲めなくなったのですが、それまでが凄く飲んでいたので…
社会に出てからお酒を覚えて、どの位でしょう?
あの頃の自分はアルコール依存症だったのではないかと思うほどの酒量でした。

当時は常に体調が悪く仕事やプライベートでのストレスも強かったので、お酒を飲むと体が温まり気分も晴れるので救われる気がして毎日のように飲んでいました。
もともと肌色は地黒ですが一番飲んでいた時の写真は本当に異常な黒さでしたから、肝臓への負担を伺う事ができます。
体はもう既に限界だったのだと思います。

酒量は妊娠する2年位前から落ちていましたが、それでも時々深酒をする日もたまにはありました。
そして子供を育てる事で忙しく飲んでる暇も無くなり、次男ができてからまた更に飲めなくなりました。
母親になると言う自覚で酒量も減りましたが、可愛い我が子の存在は無自覚だった孤独感を埋めてくれた様に思います。

3年前に「脂肪肝」と言われ尚更気を付けていたせいか、最近はエコーでも「脂肪肝」では無いと診断されました。
「脂肪肝」って無くならないと思っていたので驚きました。
嬉しかったです。

独身時代は一人暮らしで寂しいので友達や職場の同僚に誘われては、憂さが晴らせると揚々として遊んでいました。
アルコール依存症になるほどに。

良くテレビでの依存症の患者さんの訓練治療施設の様子のドキュメントがあります。
飲まないといられない辛さを語る方の話などは人事とは思えません。

もし私が今も子供を持てずに居たら、この患者の方と同じ末路であったろうと想像すると主人や息子達に心身共に救われたのだと思います。

そして最近は夢中になる趣味も見つかりそのお陰で更にお酒や間食もいらなくなっています。
有難いです。

でも私は依存体質な人間なのに変わりはありません。
可愛い子供たちや趣味がアルコールとすり替わったに過ぎない、良いものとチェンジできたから運が良かったのです。

まったくの持論を語り申し訳ないのですが、つたない半生で私が気が付いた事はアルコール依存を治すには別の健全な依存とのすり替えも大変有意義だと言う事です。

でもこれは時間稼ぎです。

子供は成長して親の手を離れます。
寂しいからとまたアルコールに走るのでは意味がありませんから、常に心をコントロールすべく訓練が必要です。

私はそれで最近、「瞑想」を生活に取り入れました。
健康に残りの人生を過ごしたいですからね。頑張ります。

テレビ体操で健康維持習慣

子供の頃は良く夏休みのラジオ体操をしに朝6時半近所の空き地に行きました。

上の子が小学1年に上がった年の夏休み。ラジオ体操を何処かでしているだろうと期待して近所の公園に向かうと誰もいませんでした。
次の日別の場所に行きましたがそこでも、ありませんでした。

地区の方に聞いてみると私達の住んでいる場所は家しか子供が居ない事が分かりました。それで開催している場所が遠かったのです。
それで何となくやる気も無くなり、息子も今年3年生になりました。
でも夏休みの規則正しい生活は6時半に体操する事で良いリズムが掴めます。
今年こそは家でも良いので子供たちと、ラジオ体操の歌を聞き、元気に体操したいです。

以前ラジオ体操は保険会社が国民の健康維持増進の為に考えた物だと聞いた事があります。

それでちょっと調べたところ、かんぽ生命のHPに史実がありました。

確かに保険会社がラジオ放送による健康体操を行ったのですが、アメリカの話のようです。
そしてそれを日本の簡易保険局が視察して、日本でも国民の健康増進の為ラジオ放送が始まったそうです。

体操と言えばテレビ体操のも大変おせわになりました。
妊娠中の時に家事の合間に出来るテレビ体操を良く見て運動不足の解消にとしていました。

今はいつも家に居られるわけではないので、たまにしかしませんが指導陣とピアノ演奏者はメンバーがあれから7年経ちますがまったく変わっていません。
アシスタントのお姉さんは殆ど変わってしまいました。でも嬉しい事に最近見たら、私がお気に入りだったお姉さんがまだ現役でされていました。
有賀暁子さんと言います。
私が彼女が素敵に見えたのは笑顔であることは勿論なのですが体操が好きでアシスタントをされているのが伝わって来るような…そんな体操をしていたからです。

なので今現役の姿を拝見して、若いお嬢さんの中にいても輝いていて素敵で私の目に間違いなかった!と嬉しくなりました。

「新しい朝が来た、希望の朝だ、喜びに胸を開け、青空仰げ、ラジオの声に、健やかな胸を、この薫る風に開けよ、それ!1、2、3」
ラジオ体操の歌です。
私が好きで良く歌うのですが「俺、この歌好き」と息子がぼそっと言いました。

でもポジティブ100%な歌詞で少々笑えます。

『バイオネット』薬を使わない治療器具

今日は花粉症の方の朗報に商品をお知らせします。

いきなり自信満々ですいません。

私は花粉症歴20年以上で、毎年2月~6月の梅雨入りの季節が来るまでの数カ月は強いアレルギー薬を常用するしかない生活でした。

もうご存じの方もいるかも知れませんが、私のお勧めは
『バイオネット』です。

毎年今年こそは体質を改善させて少しでも強い薬は飲まずに漢方薬だけで乗り切りたいと努力をするのですが、そう簡単にはいきません。
どうしても3月、4月のピーク期は薬を飲まなければ日常生活ができません。
ところが花粉症の薬は飲んだら飲んだで、眠気や喉の渇き、自律神経を緩慢にさせる副作用があるので、やる気が出なくなったりして日常生活を本当に辛い物にします。
薬を飲む事で肝臓への負担も加わりますから、私は『ビーレバーキング』などの補助食品でこの時期は体のメンテナンスの大変な出費を余儀なくされます。

『バイオネット』とは花粉症治療器なのですが。
小型の鼻に差し込む形の器具で、スイッチを押すと赤色の可視光線630nm(エヌエム)が鼻粘膜に照射されます。
その結果体内から抗ヒスタミンが出来、それが鼻粘膜から吸収され症状を緩和します。

この商品はここ3年ぐらいから時々メディアでも取り上げられていた様で、私は今年の4月に親戚の法事の集まりで叔母から教えてもらいました。

正直半神半疑でした。
まずインターネットで探してホームページを読みました。
この器具はイスラエルで開発された花粉症治療器具で、これまでは、病院で大型の機械を使わないとできなかった治療法が、小型化され価格も安くなり、家庭で手軽に使用できるようになったそうです。
花粉症以外にも「ハウスダストアレルギー」「ペットアレルギー」による、くしゃみ、鼻水、充血等を改善します。
『バイオネット』愛用者は、世界で40万人! 利用者の80%が効果を実感していると説明されていました。

そして私がこの治療器具を購入しよう!と決めた一番のポイントはこの文面でした。
『花粉症やアレルギー性鼻炎に悩まれている方のもう一つの悩みが薬の副作用です。
せっかく花粉症や鼻炎を薬で抑えることができても、副作用で眠くなったり、だるくなったりして仕事や生活に支障を与える場合も少なくありません。
「花粉症対策・鼻炎 光フォト治療」のバイオネットは、LEDの光を当てるだけの簡単ケア。もちろん薬を飲まないので副作用もありません。』

これは本当に真摯に花粉症と向き合ってないと書けない文面です。

「もしもこの20年来苦しみ続けた花粉症の症状を軽くできるなら」と思い早速注文しました。

照射には4分程かかります。ピーク時は1日3回程使用し漢方薬を1回飲みました。軽い時は就寝前と朝の2回の使用。

効果が出るのに数日かかるだろうと考えていたのですが、1回に照射で鼻水、喉の痛み、頭痛、全ての症状が完璧に抑えられたんです。

嬉しいなんて言葉ではまったく足りませんが、本当に効きました。
他の方のレビューでも私と同じように感謝と感動を伝えていましたが、本当でした。
私の人生にはもうけして無いと半ば諦めていましたから本当に使用してみて良かったです。

しかし中には合わない方がいるかもしれません。
それでも花粉症で苦しんでいる方には一度は『バイオネット』を試して欲しいです。
人生が変わりますから。

でも体質が変わった訳じゃないですから、漢方薬などでの体質改善は引き続き頑張りたいと思います。

カイロプラクティックと整体

最近気になっているのがカイロプラクティック。

カイロプラクティックは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立され、WHOによって認可された代替医療、民間療法の一つです。「米国式整体」とも呼ばれています。

カイロプラクティックの元になる考えは「脊椎のゆがみが神経を圧迫し、これが様々な病気の原因になっている」です。

脊椎のゆがみを矯正して、自然治癒力を回復させ、病気を治そうとする療法です。手技によって脊椎のゆがみを矯正し、神経生理機能を回復する方法。

ひと言で言えば、脊椎調整療法。人の体は、無理をすると、どこかしらゆがみが生じて、筋肉や骨、神経系に何らかの異常をきたします。

そこで、投薬や外科治療をなるべく用いないで、自然治癒力を取り戻させようとするのがカイロプラクティックです。効き目があるとされる範囲は施術者(カイロプラクター)によって異なりますが、頭痛・肩こり・腰痛・冷え性・四十肩等の症状を抱えた患者さんが多いです。

整体との違いですが、整体は日本で生まれた手技療法で、カイロプラクティックはアメリカで生まれた手技療法です。手技療法とは殆ど道具を使わずに手で触れて施す療法です。

カイロプラクティックは西洋医学の次に科学的・客観的な治療法です。整体は経験値で効果があるとされる歴史の集積で、カイロプラクティックは科学的な裏付けによって成り立つ療法という違いになります。

アメリカなどのカイロプラクティック先進国では、施術者の資格は国家資格制度であり、それを得るには大学に入学して、医師とほぼ同レベルの専門教育を受ける必要があります。一方、日本ではそこまでの法整備は成されていませんが、施術者のレヴェルは向上しているようです。

早起きは三文の得「体内時計の秘密」

毎日「今日こそは早く寝て、次の日は早くおきるぞ!」と思うのですが。ここの所、深夜2時ぐらいまで起きてることがざらです。

最近テレビでもネットでも体内時計の乱れを整える事が大切だと言われていて注目を集めています。

では体内時計とは何でしょう?

人間の体には既に備わっているリズムがあり夜になると眠くなるようになっています。このリズムは時間で細かく設定されていてホルモンの分泌や自律神経を調節します。これが体内時計です。
そんな体内時計の乱れは体の不調につながってしまいます。
夜更かし、遅い時間でのパソコンや携帯の使用も体内時計を乱す現代型の起因です。

もし体内時計が乱れたら!ちゃんと対処法があるんです。
朝の目覚めを良くするには部屋のカーテンを開け朝日を浴びて起きる様にすると体内時計のズレを直すのだそうです。
この早起きをす事は体内時計を整える一番のポイントです。
そして夜10時にはメラトニンという睡眠ホルモンが一番活発に分泌され、細胞の新陳代謝を促し疲労回復や老化防止に働きかけます。

本当に早寝、早起きって凄く大切なんです。

そして夜遅い時間にはできるだけ早く暗い状態にして寝た方が、メラトニンが作用して体を元気にしてくれるんです。

良く「早寝早起き、三文のとく」と言いますが、昔の人は凄いです。体内時計の存在を知らなくても、体で感じて言葉で言い表しているのですから、頭が下がります。

また朝食をきちんと取るのも、体内時計を強化するのに大事です。

いつも夜更かしの私はもう既に乱れていると思います。成人病の引き金にもなるそうです。怖いです。

昼間を元気に精力的に動く事は本当に理想的です。子供たちの為にも健康でいたいので、ちゃんと治して行きたいです。

もしも自力での対処ができない方はちゃんと病院に受診した方が良いようです。

睡眠時間が少ないので不眠を感じたりはないのですが、朝起きるのは本当に辛いです。
少しずつでも早く寝る努力はしないといけません。

昔のアニメにパーマンてありました。コピーロボットが子供の自分の替わりをしている間の正義の味方パーマンの仕事をするのです。

私も欲しいですコピーロボ!