アロマテラピーで不眠症を克服?

私は航空業界で仕事をしていて、シフトでの勤務でした。

朝、まだ真っ暗なうちから起きたかと思えば、お昼近くに出社して、夜遅くまで働いたりと、不規則な生活を続けていました。

変化に富んでいる生活が好きだったので、シフト勤務自体は楽しんでいたのですが、睡眠に関しては悩みを抱えていました。

というのも、一週間の中で起床する時間がマチマチなので、夜、お布団の中に入っても、なかなか眠れなかったり、「翌朝、起きられないんじゃないか?」と不安になって、途中で何度も起きてしまったりを繰り返していて、常に体が疲れている感じだったのです。

いわゆる不眠症に悩んでいて、あるとき、先輩に相談してみたところ、「アロマテラピーを使ってみたら?」とアドバイスをしてくれました。

さっそく、アロマテラピーについて研究してみたところ、不眠症には、精神の鎮静効果のあるラベンダーがよいとのことだったので、部屋の中で、ラベンダーのお香を焚くことにしてみました。

お香を焚くようになってしばらくすると、すっ~と眠れるようになって、途中で起きることなく、自分の起きたい時間まで熟睡できるようになりました。

不眠症には、心身をリラックスさせる効果のあるアロマテラピーもおススメです!
人間の五感の中でも、嗅覚は脳に直結している感覚なので、寝つきの良さ・悪さに大きな影響があるみたいです。

ラベンダーの他にも、ベルガモットやクラリセージといったアロマの香りは交感神経の活動を鎮める効果があると言われています。
(酢酸リナリルという成分を含んだアロマが不眠症に良いようです)

アロマオイルは1ボトル1000~2000円くらいで買えますで、
気にいった香りを見つけて、ぜひ不眠症対策に役立ててみてくださいね。