早起きは三文の得「体内時計の秘密」

毎日「今日こそは早く寝て、次の日は早くおきるぞ!」と思うのですが。ここの所、深夜2時ぐらいまで起きてることがざらです。

最近テレビでもネットでも体内時計の乱れを整える事が大切だと言われていて注目を集めています。

では体内時計とは何でしょう?

人間の体には既に備わっているリズムがあり夜になると眠くなるようになっています。このリズムは時間で細かく設定されていてホルモンの分泌や自律神経を調節します。これが体内時計です。
そんな体内時計の乱れは体の不調につながってしまいます。
夜更かし、遅い時間でのパソコンや携帯の使用も体内時計を乱す現代型の起因です。

もし体内時計が乱れたら!ちゃんと対処法があるんです。
朝の目覚めを良くするには部屋のカーテンを開け朝日を浴びて起きる様にすると体内時計のズレを直すのだそうです。
この早起きをす事は体内時計を整える一番のポイントです。
そして夜10時にはメラトニンという睡眠ホルモンが一番活発に分泌され、細胞の新陳代謝を促し疲労回復や老化防止に働きかけます。

本当に早寝、早起きって凄く大切なんです。

そして夜遅い時間にはできるだけ早く暗い状態にして寝た方が、メラトニンが作用して体を元気にしてくれるんです。

良く「早寝早起き、三文のとく」と言いますが、昔の人は凄いです。体内時計の存在を知らなくても、体で感じて言葉で言い表しているのですから、頭が下がります。

また朝食をきちんと取るのも、体内時計を強化するのに大事です。

いつも夜更かしの私はもう既に乱れていると思います。成人病の引き金にもなるそうです。怖いです。

昼間を元気に精力的に動く事は本当に理想的です。子供たちの為にも健康でいたいので、ちゃんと治して行きたいです。

もしも自力での対処ができない方はちゃんと病院に受診した方が良いようです。

睡眠時間が少ないので不眠を感じたりはないのですが、朝起きるのは本当に辛いです。
少しずつでも早く寝る努力はしないといけません。

昔のアニメにパーマンてありました。コピーロボットが子供の自分の替わりをしている間の正義の味方パーマンの仕事をするのです。

私も欲しいですコピーロボ!

散歩ではなくウォーキングの毎日

運動系で健康に良いこととして、いろいろ試しました。スイミング、テニス、ランニング、ジム通い、どれもそれなりに楽しいのですが、長続きしません。

しかし一つだけ一年続いていることがあります。それがウォーキングです。最初は週に三日ほど、一回一時間ほど歩いていました。そのうち、自転車通勤をやめて、歩いて出勤するようになりました。

そうすると、帰りも歩いて帰宅することに。片道で1時間ですから、往復で2時間は毎日最低歩くことになります。よほどの大雨、嵐でないかぎり、歩きます。一応、散歩ではなく、ウォーキングなので、できるだけ早歩きをします。早歩きしたほうが有酸素運動になって健康にいいということですね。

ただ歩くだけでなく、毎日のデータを記録しています。スマートフォンのアプリを使って、歩く距離、歩数、所要時間、消費カロリーなどを計測します。便利なものです。自分の体調管理に役立ちますし、ウォーキングを継続できていることで、精神的にポジティヴになれたと思っています。

仕事にも人との付き合いにも相乗効果で、いい方向に派生しています。やっぱり精神と身体は繋がっていて、身体の健康をまず第一に考えるのが、精神にもいい影響を及ぼすと信じています。ウォーキング以前の私は怠惰な面が先行して、肥満気味で、すぐにいらいらして怒りっぽかったのです。今では体重もかなり減り、ダイエットに成功し、スリムになった体型を無理なく維持しています。