さまざまな解熱鎮静成分

解熱鎮痛成分として一番ポピュラーなのはアスピリンですが、世の中にはそれ以外にもさまざまな鎮痛成分が存在します。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェン、ノーシン(散剤)やセデス・ハイ、タイレノールAなどの医薬品の主成分です。

アスピリンと同じく、プロスタグランジンの生成を阻害すると考えられています。しかし、その詳しいメカニズムは今のところ明らかになっていません。

脳などの中枢器官への作用が強く、アスピリンに匹敵する解熱・鎮痛作用を持っています。その反面、末梢での働きは強くありません。

アスピリンと違って、アセトアミノフェンは胃腸障害を引き起こす可能性が低いのが特徴です。また、胃潰瘍など胃に問題を抱えている場合でも服用することができます。
(※ 事前に医師の相談した方がベターです)

アセトアミノフェンを大量に服用すると、肝臓や腎臓に障害が起こる危険性があります。特に、もともと肝障害を抱えている場合は、命に関わることがありますので注意が必要です。

また、アルコールを頻繁に飲む人も、アセトアミノフェンを主成分とした薬を飲むのは避けた方が無難です。

イブプロフェン

イブプロフェンはノーシンピュア、イブ、イブA錠、フェリアなどの主成分です。

プロスタグランジンの生成を阻害し、痛みを鎮める成分です。脳やせきずいなどの中枢だけではなく、体のすみずみの炎症を抑える作用があります。

胃腸への影響は、アスピリンに比べて強くありません。ただし、アスピリンと同様にアスピリン喘息やアナフィラキシーショックなどが起こる可能性はあります。過度に服用するのは避けましょう。

エテンザミド

エテンザミドはノーシンホワイト、セレナーデ、新セデス錠、ナロン錠の主成分です。
アスピリンに比べて胃腸への負担が少ないことが知られています。

エテンザミドとアセトアミノフェン、カフェインをミックスしたものを「ACE処方」といいます。鎮痛作用が高い割に、胃腸への影響が少ないのが特徴です。

アリルイソプロピルアセチル尿素

アリルイソプロピルアセチル尿素は、メインの鎮痛成分ではなく、他の鎮静成分の作用をアップさせる成分です。
ノーシンピュア、イブA錠、セレナーデ、セデス・ハイなどの薬に含まれています。

副作用ですが、ブロムワレリル尿素と同じく、催眠作用があるため眠くなります。車の運転をする前に服用するのは絶対に避けるようにしましょう。

イソプロピルアンチピリン

プロスタグランジンが作られるのを抑える成分です。末梢よりも中枢に強く作用します。

過度に摂取すると、ぜんそく、アナフィラキシーショックなどが起こる可能性があります。
(アスピリンと似ています)

部屋の明るさを変えて、寝つきにくさを改善

「なかなか寝つけない」という悩み、もしかしたら、部屋の明るさを変えてみると、改善されるかもしれません。

なぜなら、睡眠ホルモンであるメラトニンは、暗くなると分泌されるので、部屋が明るいとうまく分泌されないからです。

メラトニンは眠りを誘うホルモンで、これが分泌されないと眠気がやってきません。

日本の照明は各部屋の中心に白い蛍光灯をつけて、部屋を明るくし、寝る時にスイッチを消す…というものが多いですよね。

そうすると、寝る直前まで青白い明るい光を浴び続けているので、交感神経は覚醒したままで、メラトニンも脳から分泌されず、なかなか寝つけなくなってしまうのです。

メラトニンは、夜の0~1時くらいに分泌がさかんになります。
できれば、その2~3時間前から少しずつ照明を暗くしていきましょう。

赤っぽい暖色系の照明を間接照明として用いるのも効果があります。

暖色照明はリラックス効果がありますし、メラトニンも「そろそろ眠りのモードに入りますよ!」と、十分に分泌されるようになります。
神経も活動しているときの交感神経から、リラックスしているときや睡眠状態で働く副交感神経と切り替わります。

また、質のよい眠りに入るためには、眠る直前まで、パソコンやスマートフォンの画面を見てるのは控えるようにしたいところです。
電子機器の光は、脳が眠りのモードに切り替わるのを妨げてしまうからです。
画面を見るのは、寝る1時間くらいまででやめるようにした方が無難です。

とはいっても、すべてに気をつけると精神的に疲れてしまい、逆に眠りが妨げられてしまう可能性もあります。
まずはできるところから、ひとつずつ行動していくのがオススメです。