睡眠不足で朝もつらくなってきた

夜眠れないせいで、朝もつらくなってきた。朝の不調を引きずって、午前中は調子が出ず、やる気がおきないまま昼になるという日が最近増えた。

こうなってくると個人的な悩みの域を超えて、仕事にも影響が出てくる。「なんかいつもダラダラしてるな」とか思われてしまっているかもしれない。

決してダラダラしたいわけではなく、きちんとした生活を送りたいと思っているわけだが、その意思とはうらはらに、どうにも午前中はぼうっとしてしまう。これはちょっとまずいのではないだろうか?夜眠れない⇒朝起きれない⇒午前中はぼうっとする⇒自己嫌悪⇒ストレス発生⇒ますます夜眠れなくなる、という悪循環に陥っている。

もともと朝に強くないというのもあるし、あまり思い詰めない方がいいのかもしれないが。

ちなみに「希望があれば自然と朝に目がさめるように人間は作られている」らしい。逆に「朝起きる意味なんてない」「どうせ昨日と同じ一日が始まるだけ」と考えていると起きれなくなるとのこと。そうはいっても、朝起きたくなる希望なんて、そうそうあるもんじゃないような気もするが。

朝に弱い人はマジメで几帳面な性格な人が多いらしいが、私はこれに当てはまらない(と思う)。ただ単に夜に眠れないために睡眠不足になって、朝起きれないだけだろう。

家にいるときでも休みの日でも仕事のことをあれこれ考えてしまって、リラックスできていない。

不眠症なのかうつ病なのか

私はうつ病ではない(はず)だが、不眠症とうつ病には関係があるらしいので調べてみた。

うつ病は気力がなくなって日常生活に支障が出ることが有名な症状だが、不眠の症状も出るとのこと。夜に眠れないという症状は、うつ病を患っている人の90%に見られるというからちょっと驚いた。

しかし、うつ病だから眠れなくなるのか、それとも眠れないからうつ病になるのかについては、今のところはっきりした答えはない。つまりどっちが先なのかは分からないということだ。そうすると、眠れない⇒うつ病に進化?するという因果関係も否定できない。これが私には怖い。もしこのまま寝つきが悪いのが治らなくて、うつ病になったら・・・と考えてしまう。

ちなみに、以下の項目に一つでも当てはまるものがあれば、医師の診断を受けたほうが良いらしい。

1.眠れない、寝つきが悪いという悩みがある
2.眠っても疲労感がとれず、やる気がでない
3.重要な決断ができない
4.自分はダメな人間だと思うことがしばしばある
5.食欲や体重が過剰に減る

このうち自分に当てはまるのは1と2。でもこれって医者にかかるほどのことなのか?こういう風に甘く考えるのが良くないのかもしれないが。

まあ私の場合はうつではなくて、ただの不眠症なのだろう。まずは不眠症を治さないとそろそろ生活にも仕事にも支障がでてきそうなので、対策を練っていこうと思う。

精神的なストレスがあるとなぜ眠れないのか考えてみた

ストレスがあると寝つきが悪くなるのは、心が疲れてしまうから、というのが一般的な結論らしい。でもなぜ心が疲れていると眠れなくなるのか?身体が疲れている場合はぐっすり眠れるのに。いまいち腑に落ちないのだが・・・

そう思って調べたところ、自律神経が関連していることが分かった。自律神経=交感神経+副交感神経のことだが、眠る直前になっても交感神経が優位だと眠れなくなるらしい。そしていったん眠ったとしても夜中に起きることが増えるらしい。

精神的なストレスがある⇒想像や妄想?をしてイライラしてくる⇒交感神経が刺激される⇒眠れなくなる、という流れなのだそうだ。私の場合、これにピッタリ当てはまっている。

自律神経を鍛える体操として脱力ぶらぶら体操というのがあって、交感神経を鎮めて副交感神経モードに切りかえるにはこの体操がいいというのでやってみた。が、バカらしくなって3日でやめてしまった。こういうところが自分の良くない部分なのだろうけど、何に対しても半信半疑というか、無信全疑という感じで取りくんでしまう。

まあ交感神経をおさえる方法はほかにもあるだろうから、いろいろやってみようと思う。でもその前に、眠れないのはストレスのせいなわけだから、ストレス自体を根本的に解決するようにした方がいいのかもしれない。

ストレスの怖いところは、知らない内にどんどん膨れ上がって、いつのまにかぎりぎりの状態にまで追い込まれてしまう点だろう。寝つけない、というのは身体が出している重要なサインなのかもしれない。ある意味いい機会と思って、自分(とその周り)に向き合ってみようかな・・・

入眠障害という症状らしい

夜眠れないのに悩んでいる最近だが、これは不眠症の一種で入眠障害と呼ばれるものらしい。

寝つきに関する悩みは、自分の睡眠に不満を持つ人の中でもっとも多い症状と言われている。寝つくまで常に30分~1時間かかるのであれば、それは入眠障害と呼ばれる不眠の一種とのこと。

私は寝つくまでに30分どころか2時間くらいかかっているので、立派な?入眠障害だ。

交感神経が緊張しっぱなしだと、やはり寝つきが悪くなるようだ。交感神経の緊張の原因としては、一番大きいのは精神的ストレス。ほかにもパソコンやテレビを夜遅くまで見ているのも良くないらしいが、私はそれには当てはまらない(テレビは全く見ない)ので、結局はストレスのせいで入眠障害とやらにかかっているのだろう。

入眠障害を改善するにはメラトニンというのを飲むのがいいらしいが、今のところちょっと腰が引けている。睡眠薬とかと同じようなものなんじゃないか?という思いがあるので(副作用が怖い)。できればそういったものに頼らないで、今の状況を改善したい。まあ治るのであれば方法はなんでもいいのかもしれないけれど、やれることをやってそれでも駄目なら睡眠薬かメラトニンを試してみようと思う。

しかし根本の原因はストレスなので、それを軽減させる方法も考えないと・・・

いろいろ調べてみて分かったが、ストレスで眠れないという人はけっこうな数いるようだ。そういった人も意見を参考にして、自分の睡眠を改善していこうと思う。

これで一か月近くも眠りに関して悩んでいることになる。若いころはそんなことはなかったような気がする。深夜勤も頻繁にあったが全然平気だった記憶がある。ほかに悩みがたくさんあったせいで、睡眠の悩みに気づいていなかっただけかもしれないが。

ストレスのせいで眠れない?

最近、どうにも寝つきが悪くて困っている。布団に入るのが午前1時くらいで、夜中の3時くらいにならないと眠れない。起きるのは7時だから、大体4時間しか眠っていないことになる。休日にどかっと10時間くらい眠るので、それでなんとかもちこたえている状況。

いろいろ調べた結果、ストレスが関係しているようだ。ストレスと聞くと「またか」という思いがあってあまり真剣に考えたことはなかった。

なぜストレスが増えてしまっているのか?一言で言えばやるべきことがたくさんあるからだ。しかも「達成しないといけないこと」の量も多い。ノルマが多いということだが、これは営業職についている人に限ったことではないのだな、と最近思う。

未達事項のプレッシャーは思いのほか大きい。そして達成したところで、頑張りに見合うほどのねぎらいや報酬があるわけでもない・・・。達成して当然、というような雰囲気が職場にあふれている。まあ職場も仕事自体も好きなのでそれだけは救いだ。

ストレスがあると眠れなくなるのはなぜなんだろう?疲れているから余計眠れるような気もするのだが、実際はそうなっていない。

ちなみに、2週間以上寝つきが悪い状態が続いた場合、うつ病の可能性を考える必要があるとのこと。まだそこまでは行っていないが、いろいろ対策をしていきたいと思う。

まあ、すでにうつ病になってるのかもしれないけれど。15人に1人がうつ病にかかったことがあると言われているわけだし、自分がそうなってもおかしくはないだろうな。

一か月以上ゆううつな気分が続くとか、一か月以上何事にも興味が湧かない、というのがうつ病の判断基準らしい。今のところゆううつでもないし、興味は人並みにはあると思っているので大丈夫だろう。

まあ、とにかく眠れるようにしないと・・・。