歯科医院の集客の現状

歯科医院の数は年々増え続けている。それと同時に、多くの医院が廃業を余儀なくされている。歯科医院の数はコンビニの数よりも多い。とてつもない激戦区と言ってもいい。特に都市部の状況は厳しい。

歯科医院は地域に密着したビジネスだから、潜在顧客の数が限られてくる。数に限りがある以上、既存顧客のリピート率がどうしても重要になってくる。歯科医院に限った話ではないが、リピート率を向上させるためには患者さんを満足させなければならない。

歯科医業界は他の業種に比べてサービスの面では遅れていると言われている。実はここにチャンスがある。ほとんどの歯科医院は横並びの状態だ。サービス面に力を入れている歯科医院はあまりない。だからこそ自分の医院はサービスを売りにするということだ。しっかりやっているところが少ないわけだから、経営やマーケティングを勉強して実践できれば、地域でとびぬけた医院になることは可能だ。

成功している歯科医院は一部だけだ。多くの医院は経営に苦しんでいる。結局そこにあるのは患者さんのリピート率という違いだ。新規の集客に力を入れている医院は多い。だがそれだけではダメだ。既存顧客のリピート率を上げるための施策に力を注がなくてはならない。

「歯医者にいくならここだ」と思ってもらうことが重要だ。もしそう思ってもらえたら、その患者さんが新しい患者さんを連れてくることになる。そうしてスパイラル的に顧客が増えていく。これを考えれば、一部の歯科医院だけが勝ち組になるのは当然の結果だ。